緩和ケア病棟のご案内

緩和ケア病棟

当院にはがん治療の有無に関わらずさまざまな状況のがん患者さんの苦痛に対応する「緩和ケア外来」、通院困難でも自宅療養を希望される患者さんに対応する「訪問診療(在宅緩和ケア)」、入院での緩和ケアを行う「緩和ケア病棟」があります。

緩和ケア病棟では悪性腫瘍(がん)にかかってしまった患者さんが、自分らしく穏やかな毎日を過ごすために身体や心のつらさを和らげることをめざします。

医師・看護師・薬剤師などがチームとなり、地域や在宅部門や他の医療機関と連携し、全人的な緩和ケアを提供します。

緩和ケア病棟入院にあたっては、緩和ケア病棟入院相談外来(王子生協病院 緩和ケア外来)を通じて本人やご家族の方に緩和ケア病棟における医療を理解頂き、入院判定を受けていただく必要があります。

 施設説明

入院ベッド:原則的にすべて個室での利用となります。差額ベッド代はいただいておりません。照明は温暖色で床は絨毯張りの落ち着いた雰囲気です。リクライニングつきのベッドで患者さんの状況によりマットを交換致します。

トイレ:トイレ付き、トイレなしの2タイプの部屋があります。患者さんの状況や希望に応じて当方で検討させて頂いています。

室内設備:テレビ(有料)、冷蔵庫(有料)があります。共用ですが、冷凍庫の用意もあります。

ラウンジ:ピアノ、ダイニングセット、ソファ、自動販売機、製氷機、本、オーディオがあります。家族の団らんの場として、また、季節の催し物も行っています(一部を除き、感染制御の面から利用をご遠慮頂いております)。
廊下:広い廊下には、ボランティアが作成した絵や、季節に合わせた飾り物もあり、散歩しながら鑑賞出来ます。
庭園:東西に庭園があり、西側は外に出ることも可能です。季節の草花をみて風を感じることもできます。

家族室(2室):患者さんの状況によっては付き添いも可能です。付き添われる場合に利用頂きます。一泊1100円(税込)の利用料金を頂いております

浴室:清潔やリラクゼーションの観点から入浴を大切に考えております。体の自由が利かない状態でも入浴可能です。

 

緩和ケア病棟についてのQ and A

 入院前のQ and A

他に病気があっても入院できますか?
治療中の病気が落ち着いている場合、その治療の継続が可能か検討させて頂きます。病状が不安定で専門的な治療を要する場合や専門施設での治療継続が望ましいと判断される場合は、当院での受け入れが困難な可能性があります。

 入院相談外来から入院までの待機時間はどれくらいですか?
数日で入院できることもあれば、一ヶ月ほど案内に時間がかかることもあります。お急ぎの場合は外来受診時にお伝え下さい。
一刻を要する状況にありながら当院での入院調整に時間がかかってしまう場合は、かかりつけ医療機関ともご相談下さい。

 家族は希望していますが、本人が嫌がっています
本人の意思はとても大切と考えているため、本人が入院を希望されていない状況では当院での入院受け入れは難しいです。本人の意思を確認することが難しい状況の場合はご相談ください。

 治療方針についてのQ and A

 入院中の検査と治療はどのように行うのでしょうか?
患者さんの苦痛を緩和するための検査や治療は積極的に検討致します。
しかし、ほとんどの検査は状態を知るメリットとともに、体への負担のデメリットがあります。このため、症状などで必要な検査は行いますが、身体的な負担の大きい検査や定期的な検査は原則として行いません。

 がん治療や補完代替医療は継続できますか?
緩和ケア病棟では抗がん剤やホルモン治療など保険診療の有無に関わらず、がんの治療は行わない方針です。補完代替医療について、持ち込みを希望される場合はお問い合わせ下さい。

 入院したら退院できませんか?
入院後、症状が緩和され退院される方も数多くいらっしゃいます。また、退院後に状態が悪くなってしまった場合は再入院可能です。患者さんによっては入退院を繰り返される方もいらっしゃいます。

 長期的な入院は可能ですか?
部屋数が限られ、多くのがん患者さんの苦痛を緩和させていただくため、病状が落ち着いており、苦痛への対応が定まってきている患者さんについては退院を勧めさせて頂いております。病状は落ち着いているが、介護力の問題で退院できないといった社会的な理由などで退院が困難な場合は、長期療養可能な病院や施設などを当院医療ソーシャルワーカーから紹介させて頂いております。

 リハビリは行えますか?
入院中に在宅療養に向けたリハビリ、拘縮予防、疼痛部位へのマッサージやリラクゼーションを検討します。

 入院生活についてのQ and A

 面会時間はどうですか?
コロナ禍において感染制御の面から面会制限を実施せざるを得ない状況です。
しかし、患者さんとご家族などとの面会は両者にとって大切なものと考えており、できるかぎり面会時間を確保させていただいております。
実際の制限は地域や院内の感染状況に応じて異なりますので、お問い合わせ下さい。

 子どもは面会できますか?
院内規定において12歳以下のお子様の面会は、お断りさせていただいております。しかしながら患者さんの状況によっては検討できますのでご相談下さい。

 外出や外泊は可能ですか?
外出・外泊時に新型コロナウイルスに感染し、帰院後に発症した事例の報告があります。
申し訳ありませんが、感染制御の面から当面、外出・外泊はお断りさせていただいております。

 差し入れはできますか?
患者さんの愛用品や嗜好品、差し入れは可能ですが、危険物や安全上問題がある場合はお断りさせていただきます。また、持ち込み頂いた食品などの管理上の責任は負いかねます。

 ペットに会いたいのですが、可能ですか?
ペットも大事な家族の一員と考えています。面会のルールがありますので、希望者はご相談下さい。

 宗教については?
宗教に関わらず患者さんを受け入れています。なお安全に支障のある儀式などはお断りさせていただきます。

 たばこを吸うことは可能ですか?
安全上、タバコはお断りさせていただきます

医療費についてのQ and A

医療費はいくらくらいかかりますか?
医療費の概算は決まっておりますが、自己負担額は収入や年齢などで異なります。
社会保障制度などにより助成を受けられる場合もあります。詳しくは当院医療ソーシャルワーカーにご相談下さい。 

医療費以外にかかる費用はありますか?
食費、テレビカード、患者衣のレンタル代(150-250円/日)など医療費以外にかかる費用があります。